給料が上がらないならもうマッサージしかない
*
ホーム > > 中学受験の図形の解き方

中学受験の図形の解き方

算数や数学で図形が苦手であったという保護者の方は多く見られます。
特に立体問題は平面問題に比べ、苦手意識が強まるようです。
ただしそれらの問題は中学受験では必出ですので、しっかりと取り組む必要があります。
では、どのようにしたら苦手意識を取り払うことができるでしょうか。

まず、多く問題数を解くというのは当たり前ですが、日常の生活の中で学習していくことができます。
・資源ごみの日には、ぜひお子さんに段ボールや箱を広げさせるようにしてください。
自然と対応する辺や隣接する辺と面に気づいていきます。
・羊羹やバウムクーヘンなどを切るときはお子さんに切らせてください。
そして切り口がどのようになっているかを見るようにさせてください。

最近の中学受験では、図形の切り口問題は多く出題されています。
プロックや積み木を組み立てて、それを上から見た図や正面から見た図を描かせると、見取り図や展開図に困らなくなります。
パズルや折紙も立派な平面図形の学習となります。
中学受験の学習を特別なものと考えずに、上手に生活の中で学習を取り入れていくと、お子さんも楽しんで力をつけていくでしょう。
こちらで中学受験 家庭教師について書かれていますので参考にして下さい。



関連記事

大きな負債である住宅ローンや車やバイクのローン等との比較によれば...。
申し込んだその日に振り込みが完了する即日融資が希望の方は、即日での融資に対応可能...
私立探偵社|何があっても夫のことを見張るのに...。
調査依頼するのであれば、先に漏らさず調べるべきなのは、素行調査の料金の仕組み。時...
心地よいネット環境にしたいのでNTTフレッツ光ネ
心地よいネット環境にしたいので、NTTフレッツ光ネクストの情報を調べているところ...
中学受験の図形の解き方
算数や数学で図形が苦手であったという保護者の方は多く見られます。特に立体問題は平...